クロス電卓 操作ガイド 
 

クロス電卓は極東 LINE 会員 限定のアプリです。

利用規約を承諾の上、メニューのクロス電卓から起動して下さい。

◆対応機種 

クロス電卓はLINEのリッチメニューから起動するWEBアフリです。
LINEのリッチメニューが表示されるスマートフォン(iPhone、android)が対応機種となります。
なお、iPad、PCはリッチメニュー非対応    LINEの対応待ち

メニュー(リッチメニュー)


 

 

 現場名・現場メモ を入れて下さい。 

 部屋名 を入れて下さい。 

 箇所(天壁・天井・壁・腰上・腰下・窓・床・その他) を選択して下さい。 

 品番・ロットNo を入れて下さい。 

ロットNoは同じロットNoの材料追加をする場合などケースバイケースで入れて下さい。

 縦リピートp を入れて下さい。

縦リピートが無ければ未入力(空白)のままでOKです。

F 購入単位p を入れて下さい。

購入単位が1pならば未入力(空白)のままでOKです。

 現場に届いた原反m  を入れて下さい。

原反mが無ければ未入力(空白)のままでOKです。

 ロス率% を入れて下さい。

合計m数に対して付加したい率を%で入れて下さい。

ロス率が無ければ未入力(空白)のままでOKです。

 長さ(切り代を含む)p と 枚数 を入れて下さい。

長さ⇒枚数 の項目移動は改行キーで前進します。

 長さ・枚数の追加 ボタンを押せば10行ずつ追加できます。 MAX 50行

  計  算  ボタンを押すと 上記の内容で 裁寸と必要m数の計算ができます。

 K の計算結果として 合計枚数と合計mが算出されます。

合計mL が現場に届いた原反m G より少ない場合は 警告メッセージ『材料が不足しています』が表示されます。

 メモ を入れて下さい。

例えば、下地の状態やクーラー有などの注意事項など入れておくと便利です。

N  上記の入力データが  (LINE)、 (メール)、 (クリップボード)へ貼り付けできます。

【 LINEメッセージ 例 】

 

 データ(長さ・枚数)クリア ボタンと オールクリア ボタン です。

データ(長さ・枚数)クリア ボタンを押すと長さ・枚数の入力値がクリアされます。

オールクリア ボタンを押すと全ての入力値がクリアされます。

  LINEトーク画面、メールから該当するメッセージ(クロス電卓の入力データ)をクロス電卓画面に貼り付けができます。

 

【LINEトーク画面 例】

手順1.N のメッセージを長押しする。
手順2.コピーを選択する。

手順3.クロス電卓に切り替える。
手順4.@ LINEメッセージ貼り付けボタンを押す。
手順5.次の画面の赤枠辺りを長押しする。

 手順6.ペースト(貼り付け)を選択する。



注意) 各項目名の変更は不可


手順7.読み込む ポタンを押す。
 


 メッセージの貼り付け
再計算 完了 
▼ ▼ ▼

 〜 M の修正・調整後、 計  算  ボタンを押せば裁寸と合計mが再計算されます。 

採寸者⇔施工者、採寸者⇔材料卸商 など、LINEやメールでメッセージ(クロス電卓の入力データ)のキャッチボールが何度でも可能です。 

 利用規約、操作ガイドです。 

 

 LINE 標準機能  クロス電卓と一緒に使えばたいへん便利(^^♪

現場の地図データ(位置情報) 送信機能はこちらから

メッセージ(クロス電卓の入力データ)のキャッチボールはグループLINE がお勧めです。

 自分ひとりだけの ぼっちグループを作れば現場備忘録として活用できます。

現場スケジュールの共有・調整できる LINEスケジュールはこちらから

グループLINEでメンバーが現場情報を共有できるノート機能はこちらから

現場打合せが無料でできるビデオ通話はこちらから

トークの保存ができるKeep機能はこちらから

トーク全般の自動バックアップはこちらから

 

 クロス電卓を友達に伝える